カムイヌプリに逢いに行く (10周年)(7) 心・いただきました

10月2日 (7) 265k

*チェックポイント①食事場所(笑) 
*チェックポイント②釧路湿原美術館
*ファイナルポイント③川湯温泉Hパークウェイ

9時間ほど寝たか。
車中泊では日没が就寝タイム
朝の光がウェィクアップコール!
夜が長い。

『道の駅スワン44』には素敵なレストランがあるけれど
オープンが11時!
おなかすいたあ~
とても待ってられない。


ネットで探してみると
根室市内に朝8時開店のレストランがある!!
ラッキー・・ここ行こう!!


IMG_3007 (500x375)


営業中のサインを確かめ中に入ると
常連さん二人とオーナー夫婦・

『いらっしゃいませ。何にしましょう』

大好きなオムライスとコーヒーを。

IMG_3004 (500x375)


でもなんとなあ~く・雰囲気が・・・・・・

オムライスを食べながら
聞くともなく・
しかし・もれ聞こえる会話。

どうやらこのお店『K2』さんは今日限りでお店を閉めちゃうらしい・
それで常連さんが朝早くから集合。

ええっ!!
そんな中で一人もぐもぐ食べてていいの~


どう ぞどうぞ。いいんですよ。
40年頑張ったんですけどね~
もうすぐ80ですし・・
(お・おわかい・・)



IMG_3005 (500x375)


そこへさらに二人参加
『GT-Rじゃないですか―』
すると奥のおじさんが
『僕はポルシェ911に乗ってたんですよ。』
『僕は・(アメ車です・名前忘れちゃった)』


なんかすっかり車の話で意気投合。
僕よりいっこ上ですね・姉さんと呼ばせていただきます・

って・北海道にまで弟が出来ちゃった・
記念の集会になるはずがー
お騒がせごめんなさい🙇

そして、お会計の時。
これもご縁ですからお代は頂きません。

ありがとうございます。
野暮は言わずお言葉に甘えました。

外は雨・
もともと今日のプランはないし
ママに聞いた美術館を訪ねることに。

『根室釧路間はスピードに気をつけて
白いクラウンは要注意、ターンして追って来るから
ブレーキランプを見せるとあきらめるよ』

など‥地元産のインフォを背に
心・ 頂きました・ 
おげんきでー




佐々木榮松 『父娘展』のタイトルに惹かれ
160キロ先の『釧路湿原美術館』へ

IMG_3027 (500x375)




一歩足を踏み入れると


IMG_3040 (500x375)


ああ・なんて素敵なんだろう
心に染み込む色づかい

誰ひとりいない小さな美術館で
しばし美しい世界を独り占めした。


IMG_3032 (500x375)






気が付くと私は鶴の群れの中にいた。

IMG_3039 (500x375)





ロシア系日本人画家の作品は、
好きなシャガール(それしか知らない)の幻想的な色使いと
silver trout を読むイェイツの詩を連想させた。




白い蛾が翅を広げるころ・

IMG_3041 (500x375)




銀のトラウトはきららかな乙女に・


IMG_3037 (500x375)

髪に林檎の花をかざしたる


IMG_3035 (375x500)

時のほろぶまでも 摘みとらん
 月の銀の林檎 陽の金の林檎を


絵と詩が織りなす世界にどっぷりとつかっていた・




するといきなり

釣りキチ三平

登場!

えっ???
ここで夢から覚めた(笑)



IMG_3038 (500x375)



この美しくも儚い絵を描く人
(空襲で妻と愛娘を亡くしている)と
釣りキチがいきなりドッキングして、一瞬とまどったが
画家は釣り好きで「釣りキチ・」の中にも登場しているらしい。



部屋を出ると、商談をしていた年配の女性が
私を認め近づいてきた。

美術館の理事長で画家の絵を全て託された人。
画商だからもちろん商才にたけている・
でも不思議に通じるものがあり
話がはずんだ。

すると彼女はおもむろにテーブルにある商品の中から
一冊の本を手にし
『お会いしたのもご縁ですから、受け取ってください』
と差し出した。



IMG_3292 (500x375)
IMG_3293 (500x375)


それは画家の作品を美しく装丁した高価な一冊。
ありがとうございます。
心ゆさぶられた絵をいつも目にすることが出来るとは・

『ご縁』の言葉ふたたび
心・いただきました。




Fishing Cafe 特集・湿原のカムイたち
出会った高野氏、ここにも「三平」の文字があります。



ここから川湯温泉パークホテルまで80キロ。

IMG_3045 (500x375)

274号のワインディングをいくと
スピードの出しすぎからか、
2か所で車の横転事故をみた。
鹿の飛びだしかも知れない。


なんちゃってシートベルト装着(笑)の私は
おまわりさんの横を通る度に ヒヤヒヤ。

無事やりすごし16時半着。


IMG_3046 (500x375)


夕食です。



[ 2021/11/19 20:14 ] 2013年 | TB(0) | CM(-)

カムイヌプリに逢いに行く (10周年)(6) 去りゆくもの・まだジタバタしてるもの

10月1日 (6) 235k

昨夜11時に就寝ー4時に起床・

車中泊に慣れてしまって
旅館では眠れないのかなぁ・

*チェックポイント①野付半島
*チェックポイント②納沙布岬
*チェックポイント③道の駅スワン44(車中泊)


宿を出る時3000円分のクーポンを頂いた。

昨年の中部北陸ツーリング時、うまく使えず数枚を無駄にしたので

IMG_2958 (500x375)

すぐ近くの「道の駅らうす」でお土産に代えた。

目まぐるしく変わるコロナ事情。
出発時は緊急事態宣言下だったなー


虫の死骸とドロとで汚れていた車は
昨日の雨の中の走行ですっかりきれいになった。
恵みの雨・・


今日の目的は『野付半島』

10年前、北海道行きを計画した時
是非、訪ねて、とメンバーに勧められた。

二人の家族を見送って3年経っていた。



IMG_2964 (500x375)

全長26キロ、日本最大の砂嘴
車でネイチャーセンターまで15キロほど
両側海の細い道がつづく
細い道路を初めて走った時はちょっと恐ろしかった。

CIMG0540 (500x375)

国後島が水平線に見える



IMG_2965 (500x375)

IMG_2963 (500x375)
IMG_2988 (500x375)
IMG_2987 (500x375)
ネイチャーセンターで腹ごしらえ
センターの裏から、トドワラエリアまで1.2キロを歩く。


IMG_2972 (500x375)
送り迎えのバスもある
IMG_2970 (500x375)
IMG_2966 (500x375)



IMG_2976 (500x375)

トドマツ、ナラの木が朽ち枯れて小さなワラになる
初めて目にしたとき、涙がこぼれた。

CIMG0534 (500x362)

CIMG0533 (500x375)

立ち枯れた命を見守りたいと思い、今年で3度目

数がうんと減っていたなあ・
そのうち一面ワラだけになるんだろうな

IMG_2978 (500x375)


そっと踏んでみると・ (フンデハイケマセン)
やわらかく カサコソと音がした
幼子の声のようだった
これから育っていくのならいいのに・・

去り行く命のはかなさ・

ここへ来るのはこれで最後にしよう・

と思った

さようなら・・


私はもう少しジタバタします・・




納沙布岬へ駆ける。

IMG_2999 (500x375)
IMG_3254 (500x375)



10年前は台風まっただなかだったが、岬突端まで行って写真まで撮っている。
岬突端ちかくの宿『ルピナス』

CIMG0541 (500x375)
ロシア人が数人、サンマ漁の話をしていた。


今日の泊りは『道の駅スワン44』
名の印象通りクリーンでモダンな建物。

IMG_2994 (500x375)

IMG_2991 (500x375)

IMG_2992 (500x375)

ソフトクリームは好きです・

ジタバタ人生はまだ続きます。













カムイヌプリに逢いに行く (10周年)(5) いえ・面会です

9月30日 (5) 208k

*チェックポイント① 網走刑務所&監獄博物館
*チェックポイント②知床峠
*ファイナルポイント③蜂の湯

赤レンガの建物の付近に駐車場はない。
半開きのゲートから車を乗り入れ
木立の間に車を停めた。

黒のタートルに黒のラフパンツ、濃いサングラス
シルバーのチョーカーにゴールド(イミテーション)のブレスレット
ガンメタの車から降りると

守衛があわてて走りより・
”あの~観光の方でしょうか”


”いえ・・面会です”

と喉から出そうになった。

たまたま黒づくめの服装をしていて
その答えが自然やなーと思ったけれど・

また間違っちゃった~
記憶があいまいだけれど10年前訪ねたのも
刑務所の方だったと思う?

ちいさなショップが側にあり受刑者の手作り品が並んでいた。
塀の中にはどんな人生があるのだろう‥


CIMG0494 (500x375)


レンガ塀と秋彩の外観は10年前と変わることなく美しい。

IMG_2929 (500x375)




右折して少し登ると博物館がある。
博物館は見たいと思わなかった。

IMG_2932 (500x375)

敷地内の監獄食堂でランチ

IMG_2937 (500x375)

観光客用なのでフツーのメニュー

IMG_2935 (500x375)





今日は朝から小雨。

IMG_2924 (500x375)

雨の中の走行も好き

IMG_2927 (500x375) (2)

エンジン音はクールでレスポンスもよくなる

IMG_2928 (500x375)


知床峠は好きな峠のひとつ

晴れていればすばらしい景観のなか
気持よいワインディングを駆け抜けられる。


雨でなければ峠ふもとまで
334号線はかなり飛ばせるルート


特に峠展望台から羅臼に向けての後半は
申し分ないワインディング。


IMG_3253 (231x500)


今回、車はほとんどなく雰囲気はまるで違った。


IMG_2942 (500x375)

ゆくての知床峠には雲が垂れこめていて
もしかすると10年前の再現になるかもしれない。

IMG_2939 (500x375)




10年前、初めての知床峠でいきなり濃霧の洗礼を受けた。

前後はもちろん、路肩も何も見えず(路肩の向こうは崖)
ただ目の前の短い、かすかなセンターラインを頼りに走った。
ブレイブハート・
運がよかっただけの話かな。


今回は幸いにも雨降りなので、かえって視界がある。

IMG_2952 (500x375)

ヨチヨチ走行の再現はさけられた

IMG_2949 (500x375)
峠展望台には誰もいない

せっかくのワインディングは楽しめなかったなー

峠のふもと羅臼の旅館 『蜂の湯』へ。
ネットでようやく見つけた朝食付きの一件。

濁り湯だ~
北海道で初めての白いお湯。

やっと『温泉』に浸かってる気分になったぁ~


IMG_2954 (500x375)


いい湯だなー






[ 2021/11/09 12:06 ] 2013年 | TB(0) | CM(-)

カムイヌプリに逢いに行く (10周年)(5) オロロンラインで初体験

長く生きてますから、初体験は星の数・(いえ変な意味ではなく・)
20才で食べたギョーザ、名古屋の病院に入院中、朝食に出た納豆など
ショック以外の何物でもない。

納豆って言ったら 甘納豆 でしょ!!ふつう・・
お砂糖がいっぱいついてお茶のお供によく合う甘いの。

カレーにポークとか・
もうカルチャーショック。

って‥食べ物の事ばかり?


9月29日 (5) 365k

*チェックポイント① オロロンライン
*チェックポイント②ノシャップ岬
*チェックポイント③宗谷岬
*ファイナルポイント④かみゆうべつ温泉チューリップの湯(車中泊)



6時前、道の駅てしお出発

IMG_2874 (500x375)
湿原の夜明け





ところで
車に何を求めますか
と聞かれると

① 加速性能
② コーナリングの良さ
③ フォルム(ロングノーズが好き)
④ サウンド(エンジン音、マフラー音など)

ずっと下に「最高速」が来る。
要するに180だろうが300だろうがどーでもよい。

そんなん出たって走るとこないし、
直線道路をアクセルペダル踏んでるだけなんてつまらない。
スピードレースは別の世界
生まれ変わってもする気は無し。

そんな理由で今までと言うか人生で、
右端の数字(ノーマル)を出したことがない。

経験のない私は絶滅危惧種?

高速道で「一度は・・」とチャレンジしたが、
はるか遠くの車がすぐ目の前に迫ってきて頓挫。
一般に高速道は低速道。
(と言うかそれが普通です)




さて・・ 

IMG_2878 (500x375)


ここは直線で有名なオロロンライン。
周りは見渡す限り湿原
シカが飛びだす危険もない

朝の6時ジャスト
はるか前方、後方に車はない


IMG_2880 (500x375)



こんなチャンスはめったにない
やるならいまでしょ

例によって波状うねりが気になるが
高齢だからエンジンブローも気になるが
一度は経験させてあげたい


やれ~~
すたーとぉ!

すると瞬く間に針は上がっていって
経験済みの数値からあっけなく右端へタッチ

初体験はさしたる感動もなく終わった・

『右端の数字』はずっと聖域だったけど。

回転数は6000にも満たなかった。

7000,8000の先には何がある?
エンジンブロー??
あの世へこんにちは?

ある人はノーマルタービン5速7000回転で270を出していた。
おそろしや~~


ともあれ一緒に経験したね。
それともあなた(R)は経験済みだったの・・?
前のオーナーと・



例によってなくしものをして
オロロンラインをオロオロしながら行きつ戻りつ・
無駄な時間を取り、稚内まで100k超かかってしまった。

IMG_2889 (500x375)
7:40 ノシャップ岬着
IMG_2885 (500x375)


10年前のノシャップ岬で
メイロードと言う民宿に宿泊した。
お母さんが作る夕食は絶品。
今回も泊るのを楽しみにしていたが
その名前はもう消えていた。

海外旅行のため英会話を勉強していたお母さん。
何処かへ行きましたか。
うまく話せましたか。

会えなくて残念です。


9:30 宗谷岬

IMG_2897 (500x375)
10年前の写真かと思うほど変わらぬモニュメント
IMG_2899 (500x375)

IMG_3252 (500x373)





宗谷からファイナルまで220k

なんてことない直線道路が続く。
眠~い。

「道の駅さるふつ公園」
でソフトクリーム休憩。

IMG_2901 (500x375)
IMG_2907 (500x375)

お・!我が家ではお目にかからない蝶が植え込みに。
IMG_2912 (500x375)
ジャノメチョウ? もしかしてゲイシャさん?
蝶博士のみん友さんに任せよう
「チョー(並な)チョーです」 と言われそう



238号線
信号もほとんどなし
ワインディングもない
ここは10年前も退屈だった。

IMG_2900 (500x375)


ゆ~らゆ~ら、路肩へ寄ったり
中央へ寄ったり
睡魔との戦い。

シカが2頭横切った・
夢ではない・
道の駅おうむ(雄夢)で少し夢休憩。

IMG_2916 (500x375)


ジャスト4時(午後)にファイナル到着。

「道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯」
なが・・

事前のチェックでは評判がよかったが・
確かにモダンな建物で温泉やレストランもあるけれど・

IMG_2918 (500x375)

IMG_2917 (500x375)


温泉に入ったあと、今夜のフィースト

IMG_2921 (500x375)




今回はどこで何を食べても美味しかった。

あ・餃子は今では大好物
甘くない納豆は今なお拷問にひとしい・




『MT車をこよなく愛する会』
秋のオフ会についてのお知らせがあります。
















[ 2021/11/05 16:21 ] 2013年 | TB(0) | CM(-)

カムイヌプリに逢いに行く (10周年)(3) 旭岳&追憶の70kになるはずが・・あららぁ・

9月28日 (4) 272k 

*チェックポイント①―旭岳姿見の池(徒歩)
*チェックポイント②-男山酒造
*チェックポイント③―士別・苫前
*チェックポイント④-道の駅てしお(車中泊)


大雪山白樺荘のオーナー(女性)は
隣町出身だった。世間は狭い。

いつもはスタッフが大勢いて
英語が堪能な若者が
外国人ツーリストの接客に当たっていた。

ところが今年は彼女たった一人。
食事はすこし簡素だったけれど
仕方ないよね。

IMG_2793 (500x375)
朝食

来年はボリュームのある手作り夕食期待してますよー

車に荷物を積もうと外に出ると、
年配ご夫婦が出発する所


いい車にのってらっしゃいますね~
(たぶん横で静かに立ってらっしゃるご主人の意見かな・笑)
しばらく立ち話をした。
神戸からいらして、昨日登山されたそう。
本州同士だと親近感もわく。


さてケーブルカーのステーションまで徒歩10分。

IMG_2796 (500x375)

IMG_2799 (500x375)


今年は例年に比べ紅葉がおそいけれど
旭岳は別格
いつ来ても素晴らしい!
外れない。

IMG_2805 (500x375)
ケーブルカーから
IMG_2808 (500x375)

5合目ステーション
IMG_2840 (500x375)
IMG_2815 (500x375)
そこから「姿見の池」までしばらく上り
IMG_2827 (500x375)
今回も姿見が出来てよかったー
IMG_2818 (500x375)
慰霊塔・何人も遭難された
IMG_2831 (500x375)
道を誤り、枝木でSOSと地面に書き救助を待ち続けた青年
胸が痛みます・どうぞ安らかに




2017年はここからジーちゃん二人と頂上を目指したのだった
IMG_4240 (500x375)

IMG_4233 (500x375)

見知らぬ人と声をかけあって
IMG_4234 (500x375)

あの高みまで登ったんだな~

もう山頂まで登ることはない
姿見の池から頂きをあおぎ、手を合わせ感謝した。


登りのガラガラのゴンドラに比べ
下りは超濃厚接触状態・

窓際は争奪戦、私はいい場所が取れず
景色は諦めていたが、親切な紳士が
どうぞ、と窓際を譲ってくださった。

IMG_2845 (500x375)


ありがとう・
下りの紅葉もスバラシイなー
と、ちょっと涙

IMG_2839 (500x375)
お腹すいちゃったのでステーションでコーヒーとコロッケを・




車に戻り出発。
旭川にある『男山酒造』へ。

IMG_2854 (500x375)

IMG_2853 (500x375)

なかなか趣のある伝統的な造り酒屋さん



お酒の事はよくわからん・ので
とりあえず『金賞受賞』の一本を買う。
(写真なし




    

さて・いよいよ士別、苫前間をはしる。

実測は85k
峠らしい行程は士別峠、霧立峠を含んで60k程と思う。

IMG_3232 (500x214)


シビアなS字連続やアップヒルはないが
それでも たちまち魅了された
B 級くねくねワインディング


10年前の記念の道を駆けるぞー
と、ちょっと胸が高なった。


IMG_2860 (500x375)




いっきに駆け抜けたいので・
と、写真を撮っていたその時


IMG_2863 (500x375)


ビュッ・
とまるで挑発するように一台が側をかすめていった。

思わず・

後を追ったぁ・

な・なんでいつもこうなるの?

リアにチェックのストライプが2本。
は・・はやい

山々と心をかよわせー
なんて考える余裕はどこへやら
ノーブレーキング・ハイスピードで駆けていく
カーブで 1xxキロ 程か

写真どころかICレコーダーに手を伸ばす間もない。
なのでこの60kは写真も録音もなし。

北海道で時々出会う道路形状
ストレートで大きいうねり、波状の箇所がある。
交通量の多い本州では考えられない道路コンディション。

うねりが大きいのでスピードをキープしたまま飛ばすと
一瞬車が飛んでガシャンと着地
ルーフで頭を打ち、軽~いむち打ちのような感覚になる。

波や段差、カーブを
ブレーキングすることなく飛ばし続ける車

車間を保ちながら後に続いた。

追い越すこともできるけれど
道路コンディションが分からないから、これほどのスピードは保てない。

そんな道路を何の迷いもなく
ハイスピードをキープしたまま飛ばす相手は
道路を熟知した地元の車にちがいない。

後半からはからかうように
カーブで反対車線にまで膨らむパフォ―マンス。

他にクルマはなかった。
目に入らなかったのかもしれない(笑)



我にかえると、苫前のT字路にきていた。
赤信号で相手は左折をだしている。

60kのチェイスは十分。
「ありがとう」のパッシングをして右へ折れた。

あーあ・・しみじみと思い出をたどるつもりがー
バトルで終わってしまい
カムイの山も目に入らず・・

でも夢中で駆け抜けた60k
Rは期待以上の底力
コーナリングのすばらしさを見せてくれた。

(またすぐコショーするよ―  息子の声)

いつの日か一人で走りなおそう。
心地よい疲れが残った。


お疲れ直しにソフトクリーム
IMG_2857 (500x375)

IMG_2867 (500x375)

『道の駅とままえ』で夕食
IMG_2869 (500x375)

一路 『道の駅てしお』へ。今夜は、そこで車中泊です。
IMG_2871 (500x375)



明日は『オロロンライン』で人生初体験をします。
(なんてことないんだけど・)





[ 2021/10/29 16:40 ] 2013年 | TB(0) | CM(-)